HOME > 自分らしく生きる
head_img_slim

自分らしく生きる

【40代をどう生きるか】
女性にとって40代をどう生きるかは、今後の人生をより良く生きるためにとても重要です。

独身を通し仕事を続けて行くか、出産のタイムリミットを控え結婚や高齢出産に挑戦するか、またすでに家庭を持っている女性の場合は、子供の育児や進学の問題、親の介護の問題、家の新築やリフォームなど、さまざまな問題に取り巻かれます。

このような軋轢の中で、時には離婚問題に直面せざるを得ない40代女性もいることでしょう。

また、40代では自身の健康にふと不安を感じたり、更年期を控え体調の変化を感じたりします。髪の毛にちょっと白いものを発見したり、肌が乾燥しやすくなったり、シミやシワを発見してドキッとしたりします。

このような健康や美容に関しても40代のうちからきちんとケアしておくことにより、その後も若々しさを保つことができます。

【アラフォー世代とは?】
40代といえばアラフォー世代のこと?と思われがちですが、「アラフォー世代」とは、実際はアラウンドフォーティー(around 40)の略で、40歳前後(35~44歳)の女性を意味します。

このアラフォー世代は、結婚や出産、仕事へと人生の岐路にあたるとても重要な時期と言えます。40代後半になると、ある程度の針路が決まり、50代以降の人生へと向かって行くことになります。

40代を自分らしく生きるには

40代は、長い人生の中でもターニングポイントと言えます。
仕事のこと、家族のこと、結婚、離婚、育児など、思いもかけない環境の変化が濁流のごとく押し寄せて来るかも知れません。

そんな中で、自分らしく生きるには、時には立ち止まって環境の変化を冷静に見つめてみる必要があります。長い人生のうちの一時期であることがわかれば、乗り越える力もわいて来ます。

そして、どんな環境にあろうとも、「自分が好きなこと」「自分がやりたいこと」をやる時間を少しでも取りましょう。自分の新しい可能性にかけて何かにチャレンジするのも、40代は好機と言えます。


【おすすめの本】

40代からの「私」の生き方



自分らしく生きる! 40代からはじめるキャリアのつくり方:「人生の転機」を乗り越えるために


ページトップに戻る