HOME > 40歳からの基礎化粧品
head_img_slim

40歳からの基礎化粧品

40代の女性にとって、基礎化粧品選びはとても大切です。本当に自分の肌に合うものでないと、肌の老化を促進してしまう可能性があるからです。

もちろん、20代あるいは30代からずっと愛用している化粧品があれば、40歳になったからといって急に他のメーカーのものに変える必要はありません。

しかし、「肌の状態が変わってきた」とか、「今までの化粧品が何となく合わなくなってきた」と感じたら、その時の肌の状態に合わせた化粧品に変えてみるのもいいかもしれません。

40代女性の肌の変化

化粧品を選ぶ前に、40代女性の肌はどうなっているのかを知っておくことが大切です。

20代から30代の女性の肌は、10代の頃に比べて肌の成長力は低下して来ますが、ホルモンの分泌がまだまだ活発に行われており、毛穴に皮脂や汚れがつまりやすく、ニキビもできやすい状態になっています。

そのため、毛穴の皮脂や汚れを取り除くことに重点をおいた基礎化粧品が望まれます。

しかし、40代になると、肌の環境が変わって来ます。

ホルモンの分泌量が低下し、肌が乾燥しがちになるため、シミやしわ、たるみなどの肌のトラブルが見られるようになります。

また、新陳代謝の衰えとともに肌のターンオーバーの周期が長くなってきます。

肌のターンオーバーとは、肌の表皮細胞が生まれてから約28日かけて角質細胞となり、垢となってはがれ落ちるまでのサイクルを言いますが、40代になると約40日から50日になってきます。

皮膚が新しい細胞に生まれ変わるまでの周期が長くなると、それだけ痛んだ部分の修復も遅れ、さまざまな肌の老化現象の原因にもなります。

40代からの化粧品・選び方のポイント

40代からの基礎化粧品選びのポイントは、「肌の乾燥を防ぐ」ことと、「不足しがちな肌の栄養を補給する」ことの2つに集約されます。

【肌の乾燥を防ぐ】
40代になると、肌の乾燥に悩まされる女性が増えて来ます。ホルモン分泌の減少と新陳代謝の衰えなどがその原因ですが、肌の乾燥をそのまま放っておくと、シミやしわ、たるみなの老化現象として現れてきます。

肌の乾燥具合は個人差が大きく、あまり気にならない女性もいますが、洗顔の後、肌がつっぱるように感じたり、パサパサした感じなら、要注意です。

40代からの基礎化粧品を選ぶ場合は、この乾燥対策がしっかりされているもの(保湿力のあるもの)を選ぶことをおすすめします。

洗顔料は、洗浄力が強すぎないもの、保湿成分配合のもの、不要な添加物が入っていないものを選ぶようにしてみてください。

また、洗顔後は、しっかりと水分を補給できる化粧水や美容液がおすすめです。

【肌の栄養を補給する】
40代女性向けの基礎化粧品には、保湿成分のほかにコラーゲンやヒアルロン酸などの肌の栄養を補給する成分が入っているものがほとんどです。

40代になると、肌のターンオーバーの周期が長くなり、皮膚細胞の生まれ変わりの速度が遅くなるため、肌に必要な栄養も滞り気味になるからです。

さまざまな美容液やクリームが開発されていますので、自分の肌に合うものを選んでみてください。


ページトップに戻る