HOME > 40代女性の再就職
head_img_slim

40代女性の再就職

子育てが一段落し、再就職を目指す40代女性は少なくありません。また、職場の都合で転職を余儀なくされたり、もっと自分に合う仕事に就くために再就職を希望する積極的な40代女性も増えています。

現代の日本では、40代からの再就職は決して簡単なものではありませんが、目的意識をしっかりと持つことにより、成功する確率も高くなります。

40代女性の再就職と年齢制限の壁

40代女性が再就職を目指す場合、最初に突き当たるのが「年齢制限の壁」です。

やりたい仕事があっても応募条件に「30歳まで」とか「35歳まで」などとなっていると、問い合わせすることさえ躊躇してしまいます。

しかし、平成19年10月以降は、雇用対策法が改正され、事業主は労働者の募集及び採用について、「年齢にかかわりなく、均等な機会を与えなければならない」と明記され、年齢制限の禁止が義務化されました。

そのため、現在はハローワークの求人情報や一般の求人広告にも、募集年齢が明記されていないものが多くなりました。

では、実際に年齢制限は行われなくなったのかというと、決してそうではありません。

電話で募集先の企業に問い合わせをしてみると「法律があるため広告には書けないのですが、実は30歳までの募集なんです。」などということはざらにあります。

また、求人広告に職場の写真を入れ「20代の女性が活躍中」などのキャッチコピーとともに、若い人の募集であることを遠まわしにアピールしているところさえあります。

面接や書類選考の段階で、若い人のほうが選ばれてしまうケースも多く、年齢制限の壁は法律によって完全に取り除かれているとは言えない状況です。

40代女性の再就職のポイント

年齢からすれば、40代からの再就職は確かに不利な面はありますが、今まで何らかの職種で経験がある場合は、逆に有利になります。

現在の多くの企業は、新入社員を年月をかけて育てるという余裕はなく、すぐに仕事をこなせる即戦力を求めているからです。

40代からの再就職を目指す場合は、今までのキャリアを生かせる職場を選ぶことが大きなポイントになります。また、そのキャリアを職務経歴書や履歴書、面接などで効果的にアピールすることも大切です。

勤務形態を変えて求職活動をしてみるのも、ひとつのポイントです。正社員の募集は少なめでも派遣社員、契約社員、準社員、パート、アルバイトなどの募集となると、かなり多くなります。

時給が低めだったり、短時間勤務だったりしますが、職種や企業によってはいったん入社した後にレベルアップして正社員になれるチャンスもあります。


【おすすめの本】

自分らしく生きる! 40代からはじめるキャリアのつくり方:「人生の転機」を乗り越えるために



40代を後悔しない50のリスト【時間編】―――1万人の失敗談からわかった人生の法則


ページトップに戻る