夢をあきらめない

一歩ずつ夢に近づいて行こう

なかなか自由な時間が取れない40代。仕事・家庭・子育て・介護とがんばっているうちに、体調を崩してしまうということもあります。

そうして周りに振り回されているうちに年老いてしまったら、こんな寂しいことはありません。

もっと自分らしく生きるためにも、幼い頃からの夢があれば、あきらめずにその夢を持ち続けましょう。何も夢がないという方は、「好きなこと」「やってみたいこと」を探してみてください。

そして夢ややりたいことのために自分のための時間を少しずつでも取るようにすれば、いつしか人生が明るくハッピーな彩りを持ち、一歩ずつ夢に近づいていくことができます。

また、何歳になっても夢を持ち続ける女性は、若々しく、はつらつとした美しさを持っています。

夢を持ち続けるためのヒント

忙しい毎日の中でも、夢を持ち続けることはできます。そのためのヒントを挙げてみましたので、参考にしてください。

●夢を実現した自分をイメージする

「庭付き一戸建てに住んでいる自分」「念願のカフェを経営している自分」「好きな趣味に没頭している自分」など、夢を実現して生き生きとしている自分の姿をイメージしてみてください。

このイメージを時々頭の中に思い描くことにより、夢を実現させるためのモチベーションを維持することができます。

●スキマ時間を活用する

通勤の合間や家事の合間などに、夢に関するノウハウを勉強したり、情報収集などを行ってみましょう。

時には資格取得が必要になる場合もありますが、スキマ時間を活用して一歩ずつでも前進できれば、それだけ夢の実現が近づきます。

●時には自分のために休みを取る

毎日、仕事や家事、子育て、介護などに追われている方は、時には自分のための休日を取りましょう。夢を実現するためには、日常から離れ、心と体をリフレッシュすることも大切です。

●少しずつ貯金をする

夢を実現するための目標額を設定し、少しずつ貯金をして行きましょう。

貯金額が増えるに伴い、夢の実現が現実味を帯びてきます。

また、必ずしも資金を必要としない夢であっても、貯金があると心に余裕が生まれます。

●同じ夢を持つ人と交流する

何らかのサークルに加入したり、SNSなどを利用して同じ夢を持つ人と交流してみましょう。

夢の実現が身近に感じられるようになるばかりでなく、色々な人から思いがけない情報を得ることもできます。

自分の思いをブログなどで発信するのもおすすめです。

●新しいものに敏感になる

どんな夢であっても、時代の変化や時代の流れに沿って行かないと、長続きしません。

常に新しいものに敏感になり、新鮮な感動を忘れないようにしましょう。

 

【おすすめの本】


40代からの「私」の生き方

 


お互い40代婚 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)