在宅勤務(テレワーク)ができる環境を整えておこう

仕事をしている40代女性にとって、「在宅勤務(テレワーク)ができる環境を整えておく」ことは、ひとつの安心感につながります。

テレワークには、雇用型と自営型とがありますが、もし職を失ってしまった場合、雇用型から自営型に切り替えて自宅で仕事をして行くことが可能になるからです。

在宅勤務(テレワーク)の働き方

在宅勤務(テレワーク)とは、インターネットなどを活用して自宅で仕事を行うことで、出社する必要がないので育児や介護に追われている40代女性にとっては、負担軽減につながる可能性があります。

テレワークの働き方は、「雇用型テレワーク」と「自営型テレワーク」に分けられます。

雇用型テレワーク

雇用型テレワークは、企業に入社し、与えられた業務を自宅で行うというものです。

作業の進捗状況を報告するなど、常に会社と連絡を取りながら行いますが、業種によってはミーティングやオンライン会議に出席することもあります。

雇用型テレワークは、完全に在宅で行う場合もあれば、週に1日か2日だけ出勤したり、午前中のみ、あるいは午後のみ出勤するなど、会社によってさまざまな方法で行われています。

自営型テレワーク

自営型テレワークは、企業に雇用されるのではなく、独立した個人として自宅で仕事をするというものです。

仕事先を自分で探し、取引先と契約し、業務をこなしながら収入を得るフリーランスや、小さなオフィスまたは自宅でビジネスをする「SOHO(ソーホー)」、クラウドソーシング、内職などがこれにあたります。

自営型テレワークは、作業量や作業時間などをある程度自分で決めることができるというメリットがありますが、「収入が不安定」というデメリットもあります。

しかし、プログラミングやCAD、翻訳、WEBデザインなど、専門的な知識を生かした在宅ワークでは、会社員の時よりも収入が大幅に増えるケースもあります。

いずれは自営型テレワークで稼ぎたいと考えている方は、専門分野の資格を取得しておくのもおすすめです。

在宅勤務に必要なもの・準備しておきたいもの

在宅勤務には、最低限次のようなものが必要となります。
少しずつでも準備しておきましょう。

インターネット接続環境

まずは安定したインターネット接続環境を整えておきましょう。

データのやり取りが少ないうちは、モバイル回線やスマホのテザリング機能を利用して在宅勤務を行うことができます。

しかし、本格的にテレワークを行うようになったり、ビデオ会議やチャット会議など、オンライン会議を行うようになったら、光回線などの高速インターネット回線がおすすめです。

光回線なら、安定した大容量の通信が可能なので、通信制限などを気にすることなくテレワークに集中することができます。

現在は、プロバイダと回線業者が一体となった「光コラボ」が主流になっていますが、スマホとのセット割を実施しているところも多く、まとめて契約することにより、月々の通信費用を抑えることができます。

また、一人暮らしの方や引っ越しが多い方は、工事不要の無線回線(「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」や「WiMAX(ワイマックス)」といった選択肢もあります。

パソコン

在宅勤務はスマートフォンやタブレットでも可能ですが、仕事の効率からすればやはり「パソコン」がおすすめです。

雇用型テレワークの場合、企業側でノートパソコンやタブレットを支給することもありますが、仕事以外にもさまざまな使い方ができるので、いずれは自分専用のパソコンを用意しましょう。

自宅のみで仕事をするならデスクトップパソコンでも問題ありませんが、自宅と会社を行き来するなら、軽くてカバンにも入るサイズのノートパソコンがおすすめです。

新たに購入するなら、いつでもビデオ通信ができるよう、カメラとマイクが搭載されているノートパソコンが便利です。

また、ウイルス感染によるデータの漏洩やのぞき見防止機能など、セキュリティー対策にも気を配ってください。

仕事をするスペース

自宅のどこで仕事をするか、仕事をするスペースを確保しておきましょう。

家事もしなければならない40代女性の場合、キッチンやリビングの一角で仕事ができないわけではありませんが、できるだけ「静かな場所」「作業に集中できる場所」が理想的です。

本格的にテレワークをするようになったら、専用の机や椅子、照明器具なども必要になります。
机は、パソコンやマウス、色々な資料などが無理なく置ける大きさのものを、椅子は長時間座っていても疲れないものを選ぶようにしましょう。

また、ビデオ会議やチャット会議などを行うようになった場合、背景に何が映るかもチェックしておきましょう。

文字入力スキル

文字の入力は、最低限メールのやり取りができれば、簡単なテレワークは可能です。
また、ワードやエクセルが使いこなせれば仕事の幅も広がり、自営型テレワークをする場合でも収入アップにつながります。

さらに、パソコンで文字入力する場合は、ブラインドタッチができれば何倍も仕事の効率が上がります。

キーボードを見ないで文字を入力するブラインドタッチは、最初は難しいかもしれませんが、タイピングソフトなどを利用して練習すれば、早い人では1ヶ月ほどでマスターできます。

タイピングソフトは無料のものもありますが、ネット通販でも色々なものが販売されています。
ゲーム感覚で楽しく練習できるものもあるので、是非挑戦してみてください。

タイピングソフトの1例です。

その他

その他、仕事の内容によっては、「Chatwork」や「Slack」などのチャットツール、「Zoom」や「Google Meet」などのオンライン会議ツールが必要になることもあります。

また、性能の良いマイク付きイヤフォンやヘッドセット、プリンターやファックスなどが必要になった場合は、順次、揃えて行くようにしましょう。